なりゆき歩き

日常生活で見た風物

豊田城

豊田城


茨城県南部の常総市にある豊田城です。市役所(石下庁舎)の駐車場から撮影しました。

平安時代の西暦940年頃、平将門が豊田郡を根拠地にして関東地方の大半を従え、短期間ながら独立政権を樹立しました。

もっとも、豊田城址は石下地区とは別のところにあり、写真のお城は地域交流センターなのだそうです。

スポンサーサイト



  1. 2023/07/20(木) 12:02:05|
  2. 建物
  3. | コメント:0

忍城

忍城

埼玉県行田市の忍城です。
豊臣秀吉が全国統一の総仕上げのために北条攻めをやったとき、最後まで落城しなかったことで知られています。
写真は鉄筋コンクリート造で、中は博物館になっています。

  1. 2023/06/06(火) 06:49:56|
  2. 建物
  3. | コメント:0

鳩山会館

鳩山会館


東京都文京区音羽1-7-1にある鳩山会館です。

1924年、元首相・鳩山一郎が私邸として建てました。1996年に大規模修復工事が行われて翌年オープンしました。

テレビドラマでロケ地になったこともあるようです。

  1. 2023/02/19(日) 07:03:55|
  2. 建物
  3. | コメント:0

篆刻美術館

篆刻美術館

永井路子さんの旧宅から古河駅に向かって歩いたら、4、5軒先に画面中央の古い建物がありました。
入口に篆刻(てんこく)美術館と書かれていますが、篆刻がいったい何のことやらわからず、写真を撮って帰りました。

帰宅して調べたら何のことはない。具体例でいうと、千円紙幣などの表裏に赤色で押印されている「総裁之印」と「発券局長」の書体は篆刻文字です。パスポート表紙の「日本国旅券」も篆刻文字で印刷されています。

元々は古代中国の始皇帝が天下を取って、文字を統一したときに、うんぬんと話がややこしくなります。

  1. 2023/01/08(日) 06:22:54|
  2. 建物
  3. | コメント:0

永井路子さんの旧宅

永井旧宅


直木賞作家・永井路子さんが少女時代を過ごした家です。
JR古河駅から西へ1キロ先にあり、江戸町通りに面しています。
古河文学館の別館になっていて、ボランティアの人が交代で管理しています。

永井さんは1925年生まれの歴史作家で、おもに平安時代から鎌倉時代にかけての人々と社会を書きました。長編小説「岩倉具視」を最後に引退しました。

  1. 2023/01/06(金) 07:22:20|
  2. 建物
  3. | コメント:0
次のページ